田中歯科医院 広島市東区東山町2-12
TEL・FAX 082-281-1074
http://tanaka-dent.com/
2-12 Higashiyama-cho Higashi-ku Hiroshima-city Hiroshima 732-0043 Japan




歯並びの矯正とは


Q. 子供の歯並ぴが心配です。矯正はどのような歯並ぴに、又、いつ頃から必要ですか。

A. 歯並びの良し悪しはその人の印象を左右することさえあります。さらに発音や虫歯への影響、心理的な間題などもあり、ご心配の事と思います。さて不正咬合には、反対咬合(受け口)、上額前突(出っ歯)、そう生(乱ぐい歯)などがあります。これらを治すには、ほとんどの場合矯正が必要です。しかし、なかには指しゃぶりが原因の軽度な出っ歯は、指しゃぶりをやめる事により、矯正せずに自然に治る場合もあります。又、重度な受け口は、あごの骨を切って縮めなければならない場合もあります。そこで矯正開始の時期ですが、歯並ぴが気になったらまず受診してみることです。お子様の歯やあごの成長、年齢などを考慮して、その歯並ぴに応じて決定しますので、実際は、すぐ開始する場合や、もう少し待つ場合もあります。不正咬合は、遺伝等で防げない場合もありますが、虫歯等でなる事もありますので、虫歯の初期治療、早期に抜けたところに保隙装置を入れるなどして、不正咬合にならないように気をつけることも大切です。ともあれ、お子様が歯並びによるコンプレックスを持つことのないよう願いたいものです。










ご質問・お尋ねはこちらまで info@tanaka-dent.com
© 2004- TANAKA DENTAL OFFICE. All rights reserved.
Web Produced by CDCIS