田中歯科医院 広島市東区東山町2-12
TEL・FAX 082-281-1074
http://tanaka-dent.com/
2-12 Higashiyama-cho Higashi-ku Hiroshima-city Hiroshima 732-0043 Japan




子供にもつく歯石


 最近コマーシャルなどで歯石という言葉をよく耳にします。又、歯石が歯周病の原因となることも、皆様ご存知かと思います。

 さて、歯石とは一体どのようなものなのでしょうか。歯磨きが上手に出来ない場所には多くの細菌が住みつき、それは歯垢(しこう)と呼ばれます。参考までに、口の中に存在する細菌の数は、睡液1ml当たり生後間もなくでは約70個、4ヵ月では約10億個、なんと生後1年でば約20〜30億個にも違します。

 しかし、細菌も病原性菌と非病原性菌があリ、通常は比率が安定しているので間題にはなりませんが、歯垢のように病原性菌が多くなれぱ虫歯や歯周病になりやすくなります。そして、歯垢が石灰化したものが歯石です。その名の通り歯石は固いので、軟らかい歯垢のように歯ブラシで取ることは出来ません。無理に取ろうとすると歯肉を傷つけますので、歯科医に取ってもらいましょう。次に歯石がつきやすい場所ですが、主に下の前歯の裏側と上の奥歯のほっぺた側です。理由は、この近くに唾液の出ている場所があり、唾液の成分であるカルシウムやリン酸が歯石の形成に関係しているからです。最後に、大切な事は、歯垢がつかないよう毎日の歯磨きを丁寧に行うことです。しかし、子供には歯のはえかわりがあり、歯磨きの難しい時期があります。子供は磨けているつもりでも、実際には汚れが残っている場合が多いので、大人が注意して見てあげて下さい。そして上手に磨けている時はほめてあげ、親子で楽しく歯磨きをなさってみてはいかがでしょう。










ご質問・お尋ねはこちらまで info@tanaka-dent.com
© 2004- TANAKA DENTAL OFFICE. All rights reserved.
Web Produced by CDCIS