田中歯科医院 広島市東区東山町2-12
TEL・FAX 082-281-1074
http://tanaka-dent.com/
2-12 Higashiyama-cho Higashi-ku Hiroshima-city Hiroshima 732-0043 Japan




ピカピカ一年生の口の中


 小学1年生となる6歳の子供たちの口の中、どのような状態かご存知ですか。まず思い浮かぷのは、6歳臼歯だと思います。大部分の方は、上下とも出始めていたり、次に出てくる下の前歯や上の前歯が、永久歯に抜けかわっている方も見られます。

 この時期の6歳臼歯は、出てくる途中で歯肉に埋もれている事もありますが、不潔にしておくと虫歯になりますので、他の歯同様、歯磨きを必ずして下さい。「ここを磨くと出血して痛そう」との声を聞く事もあリますが、弱いカで磨けば、全く間題ありません。叉、6歳臼歯は、今までの乳歯列の更に奥にあるために、磨きにくいようであれば、口角(上唇と下唇のぷつかる所)から直接6歳臼歯だけを目掛けて歯ブラシを当てると、上手に磨けます。しかし、お子さんだけにまかせてしまうのは、年齢的にも無理があるので、お母様が磨き残しはないか、チェックしてあげて下さい。

 さて次に6歳臼歯の役割ですが、この歯は永久歯の歯並びの中心になる、とても重要な歯です。そして大きくて根もしっかりしておリ、成人で約10〜60kgものカに耐える事ができます。もしも、残念ながら6歳臼歯を抜くような事になってしまうと、食事等をする時の効率は、約50〜60%滅少してしまう事が知られています。いかに重要であるか、おわかリ頂けたかと思います。又、虫歯予防としてフッ素塗布も大変効果がありますが、フッ素だけで安心せず、やはり歯磨きは大切です。

 1年生にとって4月からの新生活は、慣れるまでとかく神経を使うと思います。もし、虫歯等でご心配でしたら、早めの治療をお勧めします。どうぞピカピカの歯で、楽しい学校生活をお迎え下さい。










ご質問・お尋ねはこちらまで info@tanaka-dent.com
© 2004- TANAKA DENTAL OFFICE. All rights reserved.
Web Produced by CDCIS