田中歯科医院 広島市東区東山町2-12
TEL・FAX 082-281-1074
http://tanaka-dent.com/
2-12 Higashiyama-cho Higashi-ku Hiroshima-city Hiroshima 732-0043 Japan




歯が生え替わるとき


「乳歯が揺れてきました。抜いた方がいいですか?』

 子供は成長と共に体がどんどん大きくなります。あごも5〜6歳頃から、次第に大きくなり、下の前歯に更にすき間ができ、大きな永久歯が並ぶための準備が始まります。

 ご質問の永久歯への生えかわり(交換)は、自然であるのが理想ですが、痛くて食事が取りづらかったり、次に出てくる永久歯の邪魔になるようなら抜いた方がよいでしょう。

 よく「下の前歯で乳歯の裏側に永久歯が生えてきた」と、ご心配されることがありますが、これは下の前歯特有の交換のメカニズムなので、ほとんどは問題ありません。ちょうど上りのエスカレーターが上がってくるように、永久歯が根の吸収された乳歯を押し上げてくるので、二列に並んで見えるのです。乳歯が抜ければ後方に生えてきた永久歯も、ちょうど良い位置に移動してくるというわけです。

 次に「上の前歯がハの字に開きぎみに生えてきた」とのご心配も多いですが、これは隣の永久歯が2番目3番目と生える事により、特別な場合を除いて、そのすき間は押されてなくなります。このように永久歯がきれいに並ぶまでの期間を''みにくいアヒルの子の時期''と表現する事もあります。又、この時期は見慣れた大きさの顔に対し、永久歯がとても大きいのでアンバランスですが、アヒルが白鳥になるまでの幸抱です。さてまれですが、乳歯が抜けても永久歯が出てこない場合があります。原因は、永久歯数の不足、永久歯の出るスペース不足、早期に乳歯がぬけてしまい永久歯の出てくる穴が塞がってしまったなどが挙げられます。いずれもレントゲン等で調べる必要があります。

 このように、いろいろなメカニズムで歯も大人の仲間入りをしてゆくのです。小児歯科として同時に、目には見えない複雑な心の成長も大切に見守りたいものです。










ご質問・お尋ねはこちらまで info@tanaka-dent.com
© 2004- TANAKA DENTAL OFFICE. All rights reserved.
Web Produced by CDCIS