田中歯科医院 広島市東区東山町2-12
TEL・FAX 082-281-1074
http://tanaka-dent.com/
2-12 Higashiyama-cho Higashi-ku Hiroshima-city Hiroshima 732-0043 Japan




毎日こつこつ虫歯予防


病気と同じように虫歯も早期治療が大切。ご家庭ではどんなことに心がけていらっしゃいますか?

まず食べたら歯磨き。口に残った食べ物、主に糖質類は虫歯菌に分解され酸を作り出しその酸が歯を溶かして虫歯を作ります。だから歯磨きで汚れを落とすことが大切なのです。

最近キシリトール入りのガムなどが知られています。キシリトールは天然素材で、甘味料でありながら虫歯の原因となる酸を作り出さない優れ物です。お菓子感覚なのでお子さんも喜ぶと思います。

それからフッ素も活用しましょう。フッ素は歯のカルシウム成分のハイドロオキシアパタイトに作用して、フルオロオキシアパタイトという虫歯菌に抵抗する強い歯質を作るのです。フッ素はお茶などにも含まれていますが虫歯予防には量的に足りないので、フッ素入り歯磨き剤やうがい薬、手軽なフッ素スプレーなどを毎日使用することをおすすめします。また歯科医院でも専門的なフッ素塗布を行っております。

さて、重要な歯磨きですがきちんとできているか自信ありますか?毎日磨いていても虫歯になったことはありませんか?歯科医院では、染め出し液を使って正しく歯磨きができているかを調べ、指導や相談にのっております。人には利き手があり当然のことですが、磨きやすい所はきれいでも、磨きにくい所は汚れ(歯垢)が残っていて気がつかないお子さんをよく見かけます。磨けていない所がどこで、歯ブラシをどう持って、どう使えばそこの汚れが落とせるかということを、やはり染め出し液を使って自分の目で確かめてみることが大切です。意外とこの染め出し、お子さんたちも楽しそうに興味をしめします。
歯と歯が重なって生えている所など歯ブラシだけでは落とせない場合には、糸ようじ(デンタルフロス)などを使ってきれいにする必要があります。その場合は、歯と歯の間にゆっくり滑り込ませないと歯ぐきを傷つけてしまうので気をつけて下さい。さらに、乳歯では発育上隙間があいている場合も多いので、歯間ブラシという小さなブラシで汚れを落とすとよいでしょう。これらは歯科医院やスーパーなどでも購入できます。
このように、歯ブラシに糸ようじや歯間ブラシを組み合わせて使用することにより、歯と歯の間が虫歯になり左右2本ともが虫歯になってしまうことを防止します。

毎日こつこつ虫歯予防。歯を大切にして下さい。










ご質問・お尋ねはこちらまで info@tanaka-dent.com
© 2004- TANAKA DENTAL OFFICE. All rights reserved.
Web Produced by CDCIS