田中歯科医院 広島市東区東山町2-12
TEL・FAX 082-281-1074
http://tanaka-dent.com/
2-12 Higashiyama-cho Higashi-ku Hiroshima-city Hiroshima 732-0043 Japan




歯ぐきからのウミ


Q. 歯ぐきからウミが出ます。ウミが出たり、出なかったリをくり返しますが、あまり痛まないので様子をみているのですが・・・(5歳女児の母)

A. むし歯がひどくなりウミ(膿)がたまったようですね。ウミの袋が破れてしまえばわりと楽になるので、そのまま放置しがちです。しかし、またウミがたまり袋が破れて・・・と悪循環をくり返していると、ウミが歯や周りの骨へとダメージを与えてしまいます。かりに痛みが弱くても原因となる歯をさわればぐらぐら揺れたり、口臭がしたり、物をかんだ時に痛みがあるのではないでしょうか。この方の場合は慢性化膿性根尖性歯周炎と診断されるものです。ウミは、病原菌やその病原菌と戦った白血球の死がいなどからできていて、原因となる歯だけでなくその歯を支える周りの骨、そして体にも広がるため、きちんとした治療が必要です。もしも急性のものであれば、顔が腫れ、発熱し、痛みもひどいので早期の治療が必要となります。
 大人であれば、ここまでひどくなる前に強い痛みがありますが、子供の場合、わりとむし歯の痛みに鈍いことが多いようです。また、その痛みを的確に大人に伝えるのも難しく、なおかつ、むし歯の進み方も早いので、気づいた時にはひどくなっていることがよくあります。
 初めは小さなむし歯でもむし歯が進んで神経にまで達すると、やがて神経は腐り歯の根の先端にウミを持つようになります。歯の根のまわりは骨で囲まれているので、たまったウミは骨の中の弱い部分へと広がります。歯を支えている骨の舌側よりもよくほっぺた側が腫れるのはこのせいです。
 原因となる歯が乳歯で根の炎症をくり返していると、次に出てくる永久歯の芽にも炎症が広がることがあります。そうなると、せっかく生えてきた永久歯が、変色していたり、歯の形がいびつであったり、また歯質も弱かったり、ひどい場合は歯の芽がだめになってしまうこともあり注意が必要です。このことからも、乳歯の治療は次に出てくる永久歯と関連がありとても大切なのです。
 歯ぐきからウミが出る場合の治療は、レントゲンなどで根の状態を確認してから決めます。根がしっかりしている歯は根の治療をして炎症をおさえます。腫れがひどい時は化膿止めの薬も飲みます。それに対して、時期的にもうすぐ永久歯がはえてくる場合や炎症によって根が短く吸収されてしまい歯を残すことが困難な場合にはその歯を抜くことになります。そして抜いた場合には、年齢的に永久歯がまだ生えてこない時期であるなら、生えてくるスペースを確保しておく保隙装置が必要となります。










ご質問・お尋ねはこちらまで info@tanaka-dent.com
© 2004- TANAKA DENTAL OFFICE. All rights reserved.
Web Produced by CDCIS