田中歯科医院 広島市東区東山町2-12
TEL・FAX 082-281-1074
http://tanaka-dent.com/
2-12 Higashiyama-cho Higashi-ku Hiroshima-city Hiroshima 732-0043 Japan




        

中村 佳代
高齢化社会

昨今
毎日の様に後期高齢者保険制度についてマスコミ等をさわがせています。
75才以上の方を対称にこの様な線引きをする国のやり方には私も賛成できません。
今まで戦争や多くの苦しみを乗り越えて粗食に耐え、頑張ってこられた方々に対し敬意を表示、お年寄の方々に感謝の念を持たなければいけないと思っています。

ある記事の中で(長野県史)
?捨山伝説を読んで感銘しました。
その内容とは
昔、信濃の国更級の里の殿様が「60歳以上になった者は山に捨てよ」というおふれを出した。幼い頃に親を亡くしたある若者は育ててくれた伯母が70歳になる為、泣く泣く伯母を背負って山に向うがどうしても置き去りにする事ができず家に連れ帰って床の下へかくまった。
この事を知った殿様は
「許してほしければ灰の縄を持って来い」
「曲がりくねったほら貝に糸を通せ」と難題を吹っかけた。
困った若者が伯母に相談すると
「縄を固くない、塩水に浸してから燃けば縄の形のまま灰になる」
「貝の先を明るい方に向け糸の先にご飯粒をつけて蟻にくわえさせれば、蟻が糸を通してくれる」と教えてくれた。
殿様はお年寄りの知恵や経験のありがたさを知りそれからはお年寄りを大切にする国振りに変わったという。
?捨山伝説の一節ですが、この様にお年寄りの方々の知恵と経験は尊いものです。
そしていろいろな努力によって日本の発展に貢献されてこられたと思います。
私も祖母と同居していた際には
昔ながらの味を教えられ、随分勉強になりました。

私達は日々の診療の中でも多くの高齢の方と接しています。
先日も97才のおばあちゃんの義歯をSetしました。
今まであまりおしゃべりする方ではなかったのに義歯がはいった途端おしゃべりができ頭もしっかりしてきたとお嫁さんが言われていました。
改めて物を噛む事の大切さを教えられました。

私達スタッフは患者様を気持ち良く笑顔でお迎えし、いつもいたわりの気持ちを持ち医療従事者として日々努力して参りたいと思います。

平成20年7月




中村 佳代
目標に向かって

去年の7月、エルカミーノのフラメンコステージを友人と見に行きあまりの美しさに魅了され、私も来年はあのステージで踊ってみせると友人に断言し、フラメンコを趣味の一貫として始める事にしました。と言っても、何もわからず手と足のバラバラの動きで最初は無我夢中で先生のステップについて行きました。
1か月、2か月進んでも一向に上達せず、私には踊りのセンスがないのかもしれないと悩んだ時期もありました。が、あのステージで踊るという目標に向かい、友人との約束を果たす為、診療後毎週火曜日の8時半〜10時まで真面目に通いました。
先生に無理を言ってお休みを頂き、スタッフの皆にも迷惑をかけながら7月16日の本番前に7月2、3日リハーサルに参加し、一番経験の浅い私も皆の仲間にはいり、練習、練習、練習・・・
仲間のみんなと励まし合い、ステージに立つと言う一つの目標に向かって心をひとつに練習したあのリハーサルの時間は苦しい中にも充実感があり大きな舞台の上で踊るという普段味わう事のできない緊張感は身の締まる思いでした。
食事の量も減らし、お酒もやめ、寝る前に腹筋をし昼休みにはテープを持参してステップを復習するという、自分でも考えられないほどの努力です。
ある患者様の好意で、ステージに立つならお祝に髪飾りをと何度も衣装との色のバランスを考えて頂き、本当に感謝致しております。
いよいよ7月16日本番当日、朝9時アステールに集合、メイクも髪も全部自分でし、11時から本番さながらにステージで踊りいよいよ6時の本番を前に緊張のピーク。円じんを組んで手を握り合い楽屋を出ました。
本番10分前、ステージの上にスタンバイ。そして開演のベル。だん帳が上がり、お客様のどよめきの声、生ギターの演奏と共に初めてライトをあび、踊り始めました。
私の踊るセビジャーナスという曲は4つの構成12種類のステップで成り立っており、1番出会い、2番恋愛、3番喧嘩、4番仲直りと表現します。2人1組で向かい合い、相手の目を見ながら踊ります。
フラメンコの靴は、つま先とかかとに釘が打ち付けられておりその靴で床を踏み叩く事で音が出ます。
つま先、かかと、足の裏全体と大きく分けて3つを踏み鳴らしリズムを大切にする音楽舞踊らしく、大地に足をつけ、地を足でつかむかのように重心を下にと踊りました。
踊っている時の私は赤いドレスに身を包み、会場のお客様の顔を見る余裕もなく、全身に旋律が走り、一心不乱に踊り本当に必死でした。
最高の緊張と共に笑顔で、そして一年前に夢見たアステールのステージに立つという目標達成が今ここで現実のものとなり、ほんの数分間ではありますが私にとっては努力と集中力の賜でした。
最後に「オレ!」のかけ声と共にポーズをきめて幕は下りました。今振り返り、人生においてこんな良い経験と出会いができたのは先生、スタッフ、母、友人の励ましと思い感謝の念で一杯です。
スタッフや友人から素敵なお花を頂き、ステージに立てた喜びと成し遂げた満足感と感謝でニコニコ抱いて、アステールを後にしました。
これからも何事も努力と集中力でまん進して行きたいと思います。
次回の目標に向かって・・・。

平成17年9月7日




長岡技工所 社長

長岡文夫 さん

歯科技工士には、日曜日ほとんど休み無しで働く事が多くあります。義歯制作にはかなりの時間を要する為です。
 さて一週間の始まりはいったいいつなんだろう?そこで私の考えたことは、あまり高級な趣味ではないのですが、僅かの時間を利用して競馬の予想をする事でした。実益?なかなか難しい事です、人気のない馬を当てても人気馬を買わず、大きな馬券をはずしたり予想的中と思いきや印の付け方を間違えたりなかなかウマクいかない事の方が多いようです。それでも時々は当たる事もあります。その時は週始めはルンルンで仕事に励みます。駄目な時は、すでに来週の日曜日にと意欲を燃やします。なんと単純なんでしょう!!三時からテレビにかじりつきます、それまで一生懸命仕事を、目的があります、頑張れるのです。今日はオークス、次はダービー、そして安田記念と楽しみなレースが目白押しです。
 こんな不健康な奴と思われるでしょうが時には近くの山を歩いて自然を楽しむ時間も忘れてはいません、競馬の好きな方はたくさん居られると思います。ぜひお話をさせて頂ければと思います、もちろん(入れ歯)の方が専門です。

長岡文夫




スタッフ 歯科助手

中村 佳代 さん

 平成17年も快調にスタートし、日々患者様も増え、先生、スタッフ一同頑張っております。
 2月は、鬼もよせつけぬ位に、先生のドラエモンパワーと、3人娘(?)のスペシャルスマイルで、寒さにも負けず頑張ります。
 今年の私(乙女座)の運勢は、ブランド物で着飾る事よりも、内面から自分磨きに、心がけようと書いてありました。自分磨きと一言で言ってもなかなか難しい物ですが、去年から趣味で始めたフラメンコは、姿勢を正し、無我夢中で手と足を動かし、自分なりの美しいポーズで決めるという技を身につけ、楽しんでおります。
 また、沢山の患者様との素敵な出会いのなかから、いろいろお話をさせて頂き、それも私には自分磨きにつながっています。
   「福はうち 思いをチョコに 春を待つ」
 寒い日々、おだいじに・・・




長岡技工所 技工士

勝田 信一 さん

酒気帯び運転ダメ

今現在でも悲惨な交通事故が絶えずある。とても悲しい限りだ。そこで酒気帯び運転をなくするためには、どうしたらいいのか?罰則の強化それとも罰金の倍増?運転免許の永久停止?はたして、これらの事をしてはたして酒気帯び運転はなくなるのだろうか。私も酒気帯び運転をやっていた事がある。その時を思い出すとまったく何も考える事なしそういう行為をしていた。でも今はやっていない。なぜ今はやっていないのか?それは家族があるからだと思う。だから私は思う。お酒を飲む時は、家族、友人、恋人、いろんな人、自分 行政の力も限界があると思うのでやはり、一人一人がルールを守るしかないと思う。とにかく酒気帯び運転がなくなる事を願ってやみません。

平成17年6月




長岡技工所 技工士

前田 由美子 さん




私が最近はまっているのは、週に何度かのジム通いです。仕事を終えてからのほんの短い時間ですが、体を動かして汗をかく事は、気持ち良いです。初めは運動不足解消のためにと思っていましたが、体調が良くなった他にも、ジムで友達や色々な人と会って話すことができ、良い気分転換になっています。いつまで続くかは分かりませんが仕事も仕事以外の時間も大切に過ごしていきたいと思います。

平成17年7月







スタッフ 歯科助手

荒津田 佳子 さん
私の目標

 四月中旬から、お世話になっております。医院である以上、迅速、正確に治療するのはもちろんですが、どこで働くにしても人間関係が一番大切だと感じております。1ヶ月しか働いていませんが、患者さんと院長先生やスタッフの方々の明るい会話を目の当たりにし、良い所に採用していただけたと喜んでおります。

 私の特徴の一つとして、声が高いという点があります。いつだったか、自宅にセールスの電話がかかってきた際、「母ちゃんは、まだ帰ってきてません。」と言って通じたことがあります(笑)。話は変わりますが、私には娘が一人います。只今、身長差1?です。しかし、体重差な・な・何と!15?!! ふと自分を見つめ直した時、去年の七月より5?増えていることに気付き、絶句してしまいました。そこで、痩せようと思い、ダイエットし始めました。十一月の友人の結婚式にはステキな服が着 れたらいいなあ〜と思っています。甘党のため、日々お菓子の誘惑に負けそうになっていますが、目標マイナス10?!!最低でも5? 制服がブカブカになることを夢みて頑張ります。

 仕事では、記憶力に自信がないため、只今奮闘中です。まだ、患者さんの顔と名前が一致していないので、早く覚えて皆様のお役に立てるよう頑張っていきたいと思います。

 これから、よろしくお願い致します。













ご質問・お尋ねはこちらまで info@tanaka-dent.com
© 2004- TANAKA DENTAL OFFICE. All rights reserved.
Web Produced by CDCIS